ツキノチカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   

壁施工(塗り壁編1)

古い日本家屋によくある繊維壁ですが、劣化してくると吹き付けた繊維がボロボロと崩れてきます。
うちにも二部屋にそれが残っています。中が土壁なので、壊すのがとても大変なことになるということで残しました。
この壁のリフォームの仕方としてよく例に挙がっているのが、繊維部分を落として左官なり壁紙を張るなりというものでした。
我が家の場合その方法を取ると土壁がむき出しになってしまい、却って工事が増えるため、残した意味がなくなります。

ネットでいろいろ調べていると、一番手っ取り早い方法として、直接塗料を塗るというものでした。
一応それは念頭にはあったのですが、直接塗るのはどうなんだろうと不安に思っていたので、いい後押しになりこの方法を選択です。
またもや実験的施工です(笑)


とにもかくにも養生です。
20150510-1-1.jpg

この時はともさんが「ちょっとくらいはみ出しても、木だからあとで削れるから~」
などと呑気な事を言っていたので、わりといい加減な養生の仕方でした。
あとで痛い目にあうんですが(笑)
写真左の黄色い丸はパテです。
割れていたり、くぼんでいる所はパテ埋めします。


サンワカンパニー
さんにて購入。
シーラー(下地強化とアク止め)
EZ珪藻土(塗装用)アイボリー

まずはシーラーをたっぷり塗りつけます。
2倍に薄めたものをまず一回。
すごい勢いで吸いますが、これが落ちてくる砂を止めてくれます。
そして原液をもう一度塗布して強化。



アイボリーということでしたが、ほぼ白ですね。
やわらかな白という感じ。
20150510-2.jpg

買ったのは塗装用ですので、珪藻土はローラーで塗りつけます。
意外とさらっとした液。
左官と違って厚塗りができないので、これまたメッシュテープなどは丸見え!
塗っていないところは慌てて外しました。
パテのデコボコも丸見えになるんですが、これはむしろ塗り壁の感じが出て気にしない人は気になりません(笑)


20150510-3.jpg

ボードに塗った部分はいかにもナチュラルテイストに、繊維壁は細かな凹凸はそのままに、むらなくきれいに塗ることができます。

この一室を塗った事で、下地を作る手間は壁紙を張るのも塗るのも同じ。
でもパテはちょっといい加減でも味が出る塗り壁の方が簡単、そしてお安いじゃないかと。

結局廊下から他の部屋から全部珪藻土を塗ることなります。

関連記事
スポンサーサイト
   

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinochikara.blog45.fc2.com/tb.php/280-b6ee510f

 | HOME | 




Flash&Photo
-Natural Breeze-




猫写真まとめ


About


にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ FC2ブログランキングへ
↑よければふにゅっと♪





====================
『ぶさ顔にゃんこ』
発売日 2008/10/22
定価 980円(税込)
A5判並製/80ページ/オールカラー
発売 ブックマン社
====================

--Banner--


里親募集


多頭飼い崩壊の現場や、外で暮らす猫たち
震災被害動物救済リンク掲載サイトなど





calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

フェイ

フェイ

猫との日常。時々ご飯。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。